Xiaomi Mi Band 5 vs Mi Band 6

世界のスマホ市場で「コスパがいい」と有名なXiaomiは、格安スマホだけでなくスマートウォッチ一でも注目を浴びています。なんと、世界のスマートウォッチ市場調査によると、会計年度の第2四半期でナンバーワンになったのがXiaomiです!それは、スマートウォッチMi Band6のリリースを早める判断を下した影響だとも言えます。そのXiaomi人気商品Mi Band5と6をご紹介します。

Xiaomi Mi Band 5とMi Band 6の違い

XiaomiスマートウォッチのMi Bandシリーズは世界で1番売られているスマートバンドです。Mi Band 6は今年3月にリリースされ、Mi Band 5は昨年6月にリリースされました。Mi Band 5と4であまり違いがみれなかったが、今回はMi Band 5と「前モデルよりも魅力的になっている」と言われているMi Band 6の違いを見てみましょう。

スペック

モデルMi Band 6Mi Band 5
画面1.56 型有機 EL(AMOLED) 152 X 486 最大 450 nit、調整可能型有機 EL(AMOLED) 126 X 294 最大 450 nit、調整可能
センサー3軸加速度計と3軸ジャイロスコープPPG心拍センサー3軸加速度計と3軸ジャイロスコープPPG心拍センサー
バッテリー持続時間最大14日間、125mAh持続時間最大14日間、125mAh
スポーツ30 種類のエクササイズモード11種類のエクササイズモード
スポーツ自動認識6種類なし
心拍数モニタリング全日心拍数、手動心拍数、安静時心拍数、心拍数曲線全日心拍数、手動心拍数、安静時心拍数、心拍数曲線
睡眠モニタリング深い睡眠、浅い睡眠、REM(Rapid Eye Movement)睡眠、うたた寝深い睡眠、浅い睡眠、REM(Rapid Eye Movement)睡眠
女性の健康トラッキング月経周期と排卵期の記録とリマインダ月経周期と排卵期の記録とリマインダ
質量12.8g11.9g
本体サイズ47.4 × 18.6 × 12.7 mm46.95 × 18.15 × 12.45 mm
防水評価5 ATM5 ATM
ワイヤレス接続Bluetooth 5.0Bluetooth 5.0 BLE

ディスプレイ

本体サイズはあまり変わっていないが、Mi Band 6の画面はMi Band 5にあったホームボタンがなくなり、1.1インチのAMOLED(126 X 294)から1.56インチ(152 X 486)のAMOLEDスクリーンに進化しました。スクリーンがほぼ50パーセント拡大したので、画面をより有効に活用でき、より多くの情報が表示できます。その結果、通知が読みやすくなり、個人写真を壁紙として使用できます。

運動モニタリング

Mi band 5は11 種類のエクササイズモードがありましたが、Mi band 6では30種類と増え、その中の6種類(ランニング、サイクリング、エリプティカル、トレッドミル、ウォーキングとローイング)が自動検出できるようになりました。ただし、2つのモデルともGPSが組み込まれていないため、ランニングやハイキング中のルートを記録するためにはスマホが必要です。

健康トラッキング

2つのモデルとも心拍数、ストレス、睡眠の質、月経周期といった様々なモニタリングできますが、新モデルでは昼寝や夜間の無呼吸を分析ができます。そしてもうひとつ、Mi Band 6は、血液中の酸素飽和度を測定するためのパルスオキシメーターもあります。

まとめ

Xiaomi Japan 公式 ウェブサイトではMi Band 6は5,990円(税込)で、前モデルが4,490円(税込)と値段があまり変わらないですが、あまりトレーニングしていない方にはMi Band 5で充分じゃないでしょうか。でも、コロナ禍で健康管理が必要になっている現在にはパルスオキシメーターがあるMi Band 6を買っても損することはないでしょう。

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加