犬に関係する英語のことわざ色々”Barking dog never bites.”ほか

dog and laptop

今回の記事では、犬が出てくる英語のことわざを紹介します。

日本語でも「犬も歩けば棒に当たる」、「犬が西向きゃ尾は東」、「弱い犬ほどよく吠える」などなど、犬が出てくるいろんなことわざがありますが、英語のことわざにも犬たくさん登場します。

Let sleeping dogs lie.

そのまま訳せば、「寝ている犬をそのままにしておけ」といったところですが、「トラブルになるような余計なことはするな」という意味で使われます。

犬がうるさく吠えまわることが前提になって作られた表現です。日本語の「寝た子を起こすな」と似ていますね。

それにしても「寝た子を起こすな」というのも酷い表現ですね。。。

You cannot teach an old dog new tricks.

これは、「老犬に新しい芸を覚えさせることはできない」ないという日本語訳から容易に想像ができるように、「年をとってから新しいことを覚えるのが難しい」こと例えたことわざです。

個人的には、そんなことはないと信じています。。。

というか信じたい。。。

Barking dog seldom/never bites.

「ほえる犬はめったに(絶対)かまない」という意味が転じて、「いろいろうるさく言う人は、実は案外悪意がないものだ」ということを表すことわざです。

ちなみに、僕は子供の頃、近所の犬にほえられ、追いかけられたあげくに噛まれたことがあるので、neverということはありえないのを知っています。

Give a dog bad name and hang him.

直訳は、「犬に悪名をおわせて縛り首にしろ」となりますが、そこから転じて、誰かに悪名をおわせれば、その人を潰すことができるというものです。

恐ろしい。。。

そこからさらに、たとえ無実であれ「一度ついてしまった悪い評判は消すことが難しい」という教訓を伝える表現として使われることもあります。

Every dog has its day.

これは犬が今のように人間の家族同然扱われているのではなく、もっと蔑まれていた時代の表現です。

今日はいい日だ(ラッキーな日だ)という時に”It’s my day!”ということがあるように、dayには単に「日」というだけでなく、「良い日」という意味を持つことがあります。

これを踏まえると、冒頭の表現は「どんな犬にでも良い日はある」という意味になりますが、「どんな人にもなにか良いことが起きる時がある」ということわざです。

それではまた。See you later!