犬を意味する英単語色々。「犬」はdogだけど、「わんちゃん」は?

dog face

Dog という英単語は、いまや小学生でも知っていますが、実は犬を表す英単語はDogだけではありません。

日本語でも「わんちゃん」、「わんこ」などいくつかあるように、英語にも犬を意味する単語がいくつかあります。

今回は、そんな犬を意味する英単語を集めてみました。

それでは、よろしくメカドッグ、わんわん!

canine

canineは、「犬のような、イヌ科の」という形容詞で使われることが多いですが、名詞として使われることもあります。ちょっと硬めの単語です。

無理を承知で発音をカタカナで書くと、「ケイナイン」です。

ちなみに、canine toothといえば、犬歯のことを指します。

doggie, doggy

日本語で言うところの、わんわん、わんちゃんに相当する幼児語で犬を表す単語がdoggie、あるいはdoggyです。子供向けの絵本やテレビでよく見聞きします。

レストランなどで食事が食べきれなくて持ち帰る際に、その料理を入れる容器をdoggie (doggy) bagといいます。持ち帰った料理を、留守番中の犬にあげることに由来しているようですね。

puppy, pup

puppy、pupいずれも子犬を意味する言葉です。例えば、秋田犬の子犬であれば、Akita puppiesなどといいます。

ちなみに秋田犬はそのルックスと賢さから、僕の暮らすイギリスでも大変人気があります。

man’s best friend

直訳すれば、人間の最高の友達。これについては説明いりませんね。

 

次回は犬に関することわざをお送りする予定です。

それではまた。See you later!