非帰国子女の僕が111点をとったTOEFL iBT勉強法4(スピーキング対策)

TOEFL-SPEAKING

TOEFLのスピーキングは、多くの日本人にとってハイスコアをとるのが一番難しいセクションです。どうやって点数を上げれば良いのかわからない人も多いんじゃないかと思います。

今回の記事では、TOEFLスコアアップのための勉強法の第4弾として、27点という純ジャパとしてはかなり高い点数をとることができた僕自身の経験を踏まえ、スピーキングの勉強法やテンプレートが載っているサイトを紹介します。

1日でスコアアップする裏ワザとか、そういう類の話ではなくて、真面目に勉強することを前提に、できるだけ効率よくスコアアップできるような方法を解説していきます。

実績(スコア)を残した方法です

日本人はスピーキングを苦手としているのは事実で、4セクションの中で一番低い点数になりがちです。

まずは、20点のハードルがありますが、それを超えると23点くらいまでは結構すぐにいく人が多いようです。だたし、そこから26点まで上げるハードルがかなり高いので、トータルの目標点数に応じて、他のセクションでカバーしようとする人もたくさんいます。トータルで110点を超えるような人でも、スピーキングが24点で、他がほぼ満点というパターンが結構多いと思います。

日本人にとっては、それぐらい難しいスピーキングですが、きちんと練習すればスコアは必ず上がります。

僕も最初は試行錯誤しながらでしたが、最終的には27点まで上がったので、これから紹介する勉強法はそれなりに効果的な方法だということです。今思えば、最初のスコアが悪かったこともあって、スコアの上がり幅が一番大きかったのがスピーキングでした。

スピーキングセクションのスコア換算

具体的な話に入る前に、まずはスコアがどのように決まるかを復習しておきましょう。

設問は全部で6問あり、各設問が評価1〜4で採点されます。最高で6問x評価4の24ですが、これが下の表のように30点満点の点数に換算されます。

TOEFLスコア

TOEFLのSpeakingスコア換算表

例えば、20点狙いの場合は評価の合計が16以上となれば良いので、各設問で評価3で、いくつか評価2になってしまってもOKと考えます。