幼児英語教育が熱い!英語ができるメリットや将来の職業は?

昨今、幼児英語教育が話題になっていますよね。早期英語教育が必要かどうかはたびたび議論の的になるテーマですが、これからのグローバルな時代を考え、幼児英語教育を考える親御さんが増えています。しかし「日本語の発達が遅れないか」「母国語の思考力がきちんと育つか」など、懸念点が残るのも事実です。

この記事では、幼児に対する英語教育についてのメリット、そして英語ができる子どもが将来なれる職業についてまとめてみたいと思います。

幼児英語教育が熱い!英語ができるメリットは?

昨今話題の、幼児英語教育。ここからは、幼児英語教育で英語ができるようになるメリットをまとめてみたいと思います。英語ができる一番のメリットは、世界中の人とコミュニケーションが取れることだと思う人が多いでしょう。しかし、実はコミュニケーションだけではないメリットがあるんです。

コミュニケーション以外のメリットを知ることができれば、きっと幼児英語教育に対し前向きなイメージを持つことができるでしょう。

メリット①中高生での英語学習を他のことに充てられる

英語ができるメリットは、中高生での英語学習を他のことに充てられる点です。幼児英語教育で英語を身につければ、自然と英語を使えるようになります。日本人の英語力は総じて低く、中高生の英語力はネイティブの幼児レベルだと言われています。そのため、幼児英語教育で英語を身につければ、幼児や小学生のうちに日本の中高生レベルの英語をクリアできるんです。

中高生になったときに英語の基礎から学ばずに済むので、その分部活動やほかに興味のある分野に時間を使うことができ、より充実しますね。

メリット②差別や偏見のない思考力が育つ

英語ができるメリットは、差別や偏見のない思考力が育つ点です。幼児英語教育で英語を学んでいると、自然に海外の文化や習慣にも触れることができます。それによって、海外では挨拶のときにハグをしたり近況報告をし合ったりする習慣があることや、自発的に意見を発表し合う授業があることなど、日本にはない文化を知る機会に恵まれるでしょう。

幼児英語教育で英語を学んできた子どもたちは、日本文化や教育という枠組みにとらわれずフラットなものの見方ができるようになるでしょう。

メリット③主体性が育つ

英語ができるメリットは、主体性が育つ点です。日本では、先生の話を静かに聞くことが美徳とされていますが、海外では周囲に負けじと意見を言ったり、プレゼンをしたりする授業が一般的なことがあります。日本語だけを学んでいると、奥ゆかしさや言葉遣いの美しさを学ぶことはできても、海外の主体性を育てる教育には触れることができませんよね。幼児英語教育で英語を学ぶことができれば、英語のクラスを実際に受講したり、英語で意見発表をしたりする機会にも恵まれるので、自然と主体性が育つでしょう。

英語ができるとなれる職業は?

幼児英語教育で英語を学んだ子どもは、将来選べる職業の選択肢も増えます。英語ができると世界中に友達ができたり、海外で仕事ができたりするイメージがあると思います。しかし、まだまだ日本では幼児英語教育が進んでいないため、日本だからこそ英語力を活かせる仕事が多くあるんですよ。幼児英語教育で英語を学ぶと目指せる、英語を活かす仕事を見ていきましょう。

日常会話レベルビジネスレベルネイティブレベル
テーマパーク英語教師通訳
旅行会社グランドスタッフ翻訳
ホテルキャビンアテンダント英語記者
日本語教師商社外国人専門の英語教師
入国審査官外資系企業インターナショナルスクール

まとめ

幼児英語教育で英語を学ぶことで、いくつものメリットを感じることができるでしょう。また幼児英語教育で英語を学んだ子どもたちは、将来選べる職業の幅も広がります。無限の可能性を秘めた子どもたちに、夢と希望を与えてあげたいですよね。幼児英語教育は昨今注目されている新たなグローバル教育で、まだ日本の公教育では追いつけない部分があります。ぜひご家庭や習いごとで幼児英語教育を取り入れて、ワンランク上の英語力をつけてみてはいかがでしょうか。

投稿者 monadmin