FPSでよく使われる用語(英語のスラング集)

FPSをプレイするなら、よく使われている英語の用語を覚えておくと、試合中のコミュニケーションをより円滑に進められるようになると思います。よく使われている用語とその意味をまとめましたので、興味がありましたら是非読んでください。そして、少しでもFPSゲームをしながら、英語を楽しく学んでもらえたら嬉しいです。

FPSでよく使われる用語リスト

ADRAverage Damage per Roundの略。各ラウンドに与えるダメージ量の平均。

AFK Away From Keyboardの略。キーボードから離れることを意味する。操作をしないで放置して人数不利を作り出す行為。

BAIT元々は動物を捕獲するための餌を意味するが、FPSゲームでは味方を囮にしてキルを取ることを指す。

BANゲーム内のルールに禁止されている行為を行ったプレイヤーが、アカウントを一時停止や削除される事。

Bot:Robotの略。人工知能・プログラムが操作しているキャラクター。人工知能みたいな操作をしているプレイヤーも呼ばれることがある。

BO3Best of 3の略。3回勝負で2本先取した方の勝ちの試合ルール。

BO5Best of 5の略。5回勝負で3本先取した方の勝ちの試合ルール。

CTCounter terroristsの略(カウンターテロリスト)。

DMDeath Matchの略(デスマッチ)。さらに、Don’t mindの略でもある(ドンマイ)。

EZEasyの略。試合が簡単、楽勝すぎという意味。

GGGood gameの略。試合終了の挨拶で「良い試合だった!」(本来の意味)、「お疲れ様!」として使われている。GGWPはGood game well playedの略でGGと同様。WPはいいプレーという意味。

GHGood halfの略。ラウンド制のゲームで前半と後半が入れ替わる時の、「良い前半だった」という挨拶として使用。

Hackチートと同じ意味。

HFHave funの略。楽しもうという意味。

HSHead shotの略。頭に弾を撃ち込む行為。

IGLIn game leaderの略。チームリーダー。試合中で指示を出す人。

LANオフラインの事。

LOLLaughing out loudの略。大爆笑という意味。英語版の「www」。

NOOB初心者・新参者を意味するnewbie。下手なプレイや役に立たない人によく使われる。

NTNice tryの略。クラッチやエントリーに挑戦して失敗した時に「いい挑戦だった」という意味で言われる。

OPOver poweredの略。ゲームバランスを崩すレベルで強すぎるという意味。

OTOver timeの略。延長戦という意味。

Ping自分の端末から送ったデータが、相手のサーバーからの反応が返ってくる速さ。高ければラグが増える。

RIPRest in peaceの略。元々「安らかに眠れ」を意味するが、FPSゲームでは死んだ味方に対して言う場合は「敬礼」、死んだ敵に対しては煽りっぽくなる。英語版の「オワタ」ぐらいの意味。

TKTeam killの略。味方を故意に攻撃しキルする行為。悪質とされる行為でもある。

TOXIC元々は有毒を意味するが、FPSゲームではチャットで暴言を書く人、暴言を吐く人と言う意味。周りを不快にする発言をする人を指す。

TRTerroristの略(テロリスト)。

最後に

覚えておくと「VALORANT」、「CS:GO」や「Apex Legends」などのさまざまなFPSタイトルをプレイする方に役立つ用語と、その意味をまとめてみました。チャットでプレイヤー全員が同じ用語を使っているとは限りませんが、覚えておいて損はないと思います。英語の勉強にもなりますし…この記事で紹介した用語を、FPSゲーム内のチームとのコミュニケーションに取り入れてみてください!

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加