海外旅行へ行く前に!把握しておきたい基本英会話

コロナによる影響も徐々に落ち着きを取り戻し、テレビを付けると海外旅行 おすすめ特集番組を目にする機会も増えてきました。今年こそはと、家族や友人との海外旅行を計画されている方もいるのではないでしょうか?

海外に訪れる際、一番の難関となるのが英会話。英語での音声 翻訳アプリなどの品質も向上してきていますが、正確に翻訳してくれないこともしばしばあるようです。慣れない土地だからこそ、スムーズにコミュニケーションが取れるよう備えておきたいですよね。そこで今回の記事では、海外旅行に行く前に!把握しておきたい基本英会話についてまとめました。

日常英会話に必要な英語力

「英会話」と聞くと、とても難しいように感じられますが、実は日常会話に必要な英語は中学校で学習したレベルで十分なんです!少し意外に感じられるかもしれませんが、試しにディズニー映画をどれか一つ、英語字幕で視聴してみてください。世界中で老若男女問わず話題になるような人気作でさえ、とてもシンプルな文法が使われているんです。急にハードルが下がった気がしてきませんか?(笑)

「中学校で習ったことなんて、もう覚えてないよ!」と思われた方のために、基本点を復習していきましょう。

5W1H

5W1Hとは、

  • What(なに)
  • When(いつ)
  • Where(どこ)
  • Why(なぜ)
  • Who(誰)
  • How(どのように)

のように、会話に欠かせない6つの要素です。その中でも、旅行時に頻繁に使用するフレーズをいくつかまとめました。

What is it/ this/ that?(それ/これ/あれは何ですか?)

こちらは聞き覚えのある方も多いでしょう。レストランで気になる料理が運ばれているのを目にしたときやお土産屋さんで変わった物を発見した時など、多くの場面で使用することができます。また、「What time is ○○?」と少し文章を変えることで、ホテルのチェックアウトの時間や朝食時間を確認するフレーズも簡単に作ることができます。

When I was in the bar, I lost my wallet.(バーにいた時、財布を無くしてしまいました。)

万が一に備え、覚えておいて損のないこちらのフレーズ。Whenの後に自分のいた場所を伝え、最後に何を無くしてしまったのか表現しましょう。せっかくの楽しい旅行中、使う機会がないよう貴重品の管理には注意してくださいね!

Where is ○○(目的地)?(○○はどこですか?)

旅行中携帯が繋がらず、道に迷ってしまった際には、場所を尋ねるWhereが大活躍。目的地の英語の発音が分からない場合は、ガイドブックや地図を見せながら聞くのがおすすめです。

How much is this?(これはおいくらですか?)

海外旅行の楽しみの一つといえば、現地でのショッピング!会計時に予想外の値段に驚いてしまわないよう、気になるものがあったらどんどん聞いてみましょう。

万能な助動詞Can

最後に、様々な場面に使える万能な「Can」を用いたフレーズをご紹介します。

Can I have this one, please?(これを頂けますか?)

レストランでオーダーしたいとき、どのように言えばよいのか意外と困ってしまいますよね。そんな時はメニューを指さしながら、このフレーズを伝えるだけでオッケーです!レストランだけではなくショッピングの時や観光地でチケットを購入する際などにも活用できますよ。

まとめ

今回の記事でご紹介したフレーズを覚えるだけで、海外旅行がぐんと楽しめること間違いなし!最近ではAIによる英会話 アプリなど無料で利用できるものがあるので、高額な英会話教室に通う必要なく、自宅から気軽に練習してみることもできますよ。ぜひこの機会に基本英会話を取得し、より多くの方とのコミュニケーションを楽しんでみてはいかがでしょうか。

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加