仕事で英語を使う機会はありますか?ビジネスシーンで使える英語フレーズをいくつか知っているだけで、自信を持って英語でコミュニケーションが取れるようになります。

英語での日常会話が得意でも、ビジネス会話では必要な英語スキルは異なります。今回は、会議やメールなど様々なシーンで使える、便利な英語フレーズを4つ選びました。すぐに使えるものばかり。ぜひ使ってみてくださいね!

仕事で使える便利なビジネス英語フレーズ4選

ミーティングを設定したいときに使える英語フレーズ

“Can we schedule a 30 minute meeting to …?”

社内の人とミーティングをしたいとき、社外の人と打ち合わせをしたい時に使えるフレーズです。気軽に「〜の件で30分お時間いただけますか?」と言いたい時に使えます。30 minuteのところを、10 minute meetingにすることもできます。ちょっとしたことであれば、10分のミーティングと言えば「Sure!」と同意してもらいやすくなります。

同僚の知恵を借りたいときに使える英語フレーズ

“Can I pick your brains about …?”

これは相手の知恵を借りたい時に使えるフレーズです。このフレーズを使うことで、「あなたのようなエキスパートに知恵を借りたい」と、相手を立てた言い方になります。特定の分野に詳しい人や特定のスキルがある人に、ぜひ使ってみてください。

「これで進めます」と伝えたいときに使える英語フレーズ

“If you’re happy with this, I can go ahead.”

チームで働くときに、自分のアイデアを主張しながら相手の同意を得たい時に使えるのがこのフレーズです。「もしこのアイデアでよければ、これで進めます」とスマートに伝えたいときに使えます。相手の承認がなければなかなか前に進めないこともあるので、そんな時に使ってみましょう。もし、相手からの返答がなければ、 “If I don’t hear back from you by …, I’ll assume you’re happy for me to go ahead”とつけ加えてメッセージを送ることもできます。

手助けが必要かどうか聞きたいときに使える英語フレーズ

“Can I help you with that?”

“Would you like a hand with that?”

同僚がタスクに追われていたり、慣れないことで困っていたりする時は、このフレーズを使ってみましょう。チームで働く時には、助け合いの精神が大切。積極的に手助けをすればするほど、自分が困っているときに助けてもらいやすくなります。

英語を使いながら海外カジノゲームで遊ぼう!

英語ができれば、できることの幅が広がります。その一つが、カジノゲームです。これまでは本場ランドカジノ(ラスベガスなど)に足を運ばないと遊べなかったカジノゲームが、オンラインでプレイできるようになりました。

オンラインで遊べるカジノゲームについてもっと知りたい方は、オンラインカジノ比較サイトをぜひご覧ください。

Share

  • このエントリーをはてなブックマークに追加